変形性膝関節症の予防・改善 プロテオグリカンの効果

軟骨成分は水分を除けばU型コラーゲンプロテオグリカンヒアルロン酸で構成されています。
これらはすべてたんぱく質の一種です。

 

この関節の軟骨がすり減って腫れ、痛み、変形が起きる病気が変形性膝関節症ですが、中年を過ぎると多くの人に起こりうる病気です。
特に50歳以上の男性で54%、女性で75%と特に女性に多い傾向があります。
軟骨がすり減って重症になると骨同士が触れ大変な激痛に襲われます。

 

変形性関節症痛そう!

 

変形性膝関節症の原因は加齢や負荷の蓄積などからくる、軟骨細胞の減少、破壊、変形、髄膜の炎症、炎症物質発生などがあります。
軟骨細胞の減少により軟骨の基質プロテオグリカンを作れなくなり症状が更に進行します。

 

プロテオグリカンを関節付近に塗ると・・・

プロテオグリカンを軟骨前駆細胞に付与する実験では軟骨前駆細胞が増殖するそうです。
一丸ファルコス株式会社のホームページより引用)

 

軟骨前駆細胞とは軟骨細胞の元となる細胞です。
軟骨前駆細胞が増殖すれば軟骨細胞が増え、軟骨の再生に貢献します。

 

だからプロテオグリカンを膝に塗ると膝関節付近の軟骨細胞が増え、軟骨再生のサポートをすると私は考えます。
残念ながらサプリメントではプロテオグリカン成分を膝関節あたりに届けることができません

 

こういったことから塗るプロテオグリカン「リフリーラ」が変形性膝関節症の予防や改善に注目を集めているのです。
変形性膝関節症のすり減った軟骨を再生させるには軟骨細胞を増やして再生させるしか方法はありません。

 

一番確実な方法は膝関節に「リフリーラ」塗ってプロテオグリカンを浸透させるることですが、即効性はないので気長に続けるしかありません!
しかし、一番確実な方法ではないでしょうか!